水道の水はカルキ臭いので、お湯を沸かしてカルキ抜きをしてから使うと言う人は多いものです。しかし、注意をしなければならない事は、塩素を使って水道水を殺菌させることでトリハロメタンと呼ばれる物質が発生し、トリハロメタンは発がん性物質である事からも、身体が小さな子供などへの影響も懸念されます。

 

また、トリハロメタンは水道水を沸騰させると成分量が3倍に増えるため、必ず15分程度の沸騰をすることが良いと言われています。沸騰させることでカルキ臭さが抜けるから良いと考えていた人も、沸騰して止めたお湯にはトリハロメタンが3倍に増えているため、15分程度の沸騰をさせてから利用するのがお勧めです。ウォーターサーバーは天然水やRO水と言った自然の水を使っているため、トリハロメタンなどの問題が無く安心して利用出来ます。そのため、ウォーターサーバーを家庭内に導入する人が多くなっているわけですが、ウォーターサーバーを利用したいけれども一人暮らしなので、導入しても利用頻度が少ないと無駄になるのではないかと考える人もいます。しかし、一人暮らしの人でも経済的に利用する事が出来るウォーターサーバーも在ります。

 

要は、宅配水が詰められている容器の容量が少ないものを選ぶ事で一人暮らしの人でも経済的に利用する事が出来ますし、コンパクトサイズのウォーターサーバーなら一人暮らしの人の部屋にも邪魔にならずに便利に利用出来ると言ったメリットが在ります。