浄水器にはいくつかの種類のものがありますが、家庭のなかでいつでもきれいな美味しい水を飲みたいという健康志向から最近ではおよそ40パーセントぐらいの割合の家庭で浄水器が普及されています。ミネラルウオーターなどの美味しい水も販売されていますが、自宅にいながらにしていつでも美味しい水が飲めるというメリットもあることから浄水器の重要は高いものです。家庭で使用する浄水器のなかでいちばんシンプルで持ち運びが便利なタイプなものは、ポット型と言われるものです。安いものでは1000円台の価格で購入ができ、基本的には冷蔵庫などに保管することでの使用になりますが、はじめての浄水器の購入にはおすすめのタイプです。

ふたつめには蛇口直結型と言われるものがありますが、ポット型のものと同様に最初に使用するタイプではおすすめでキッチンの水道の蛇口に簡単に取り付けるだけで使用ができ、価格は3000円から7000円ぐらいで、キッチンで使用することから料理などに適しています。3つめは据え置き型と言われるタイプでろ過の性能に優れたタイプのもで水をより美味しく飲みたい、使いたいという方におすすめです。価格は30000円から70000円ぐらいです。4つめはビルトイン型と言われるものでこちらは排水管に取り付けて使用するタイプで工事費用がかかりますがキッチンのスペースに余裕を持たせることができ、費用は初期費用で50000円から100000円ぐらいです。