浄水器の価格は非常に幅広く、特に安いものであれば千円以下のリーズナブルなお値段で購入することも可能となっています。もっとも安価な製品は蛇口直結型であり、自宅のキッチン等にある蛇口に取り付けるというシンプルなものです。蛇口直結型にもいくつかの種類があり、フィルター交換が不要な使い捨てタイプの製品や、パネル表示によってフィルター交換の目安を教えてくれる商品等が存在しています。その他の低価格な浄水器として、容器に水を汲み冷蔵庫に保管するポットタイプが挙げられます。

こちらもかなり安価な製品が多く揃っており、手軽に水道水を浄水できるとして人気です。ポットの内部まで簡単に洗うことができるのも、このタイプの製品の良いところでしょう。ポットタイプの製品は定期的に内部のカートリッジを交換する必要がありますが、ランニングコストもさほど高くありません。浄水器を価格で比較する際には、本体のお値段だけでなくカートリッジやフィルターなどのお値段もチェックする必要があります。

フィルターやカートリッジにはろ過した不純物が溜まってしまいますから、交換せずに使用することはできません。こうしたメンテナンスにかかる費用も含めてランニングコストを比較しないと、トータルで損になってしまうかもしれませんので注意が必要です。それぞれの製品の仕様とお手入れにかかるコスト、使いやすさなどを比較して自分にとって最適な浄水器を選び出しましょう。