浄水器における価格の違いを考えるときに見逃せないポイントになるのが、どのような種類があるのかという点です。例えば4000円くらいの値段から購入できる種類として、蛇口直結型があげられます。このタイプの特徴は比較的安価で購入できる一方で、数ヶ月に1度くらいの頻度でカートリッジの交換が必要になるという点です。少し値段が高くても、カートリッジの交換頻度が少ないほうがいいという方は、浄水器の価格が1万円くらいのからの据え置き型のタイプに注目しましょう。

このタイプの場合、蛇口直結型よりもろ過機能が高くカートリッジの交換は数年に1度程度の頻度ですむ可能性もあります。また高性能の浄水器の場合には、価格が2万円以上するケースも見られます。アルカリイオン整水器のようなものだと、アルカリ性電解水を家庭で作ることが可能です。このような機能面にも注目したうえで、金額に関する問題について考えていくことも必要です。

異なる価格帯の浄水器が市販されていると、どのような基準で選べばいいのか迷ってしまう方も多くいます。ここでポイントになるのが、何を重視して選びたいのかという点です。ろ過の性能よりも安いものが良いというなら蛇口直結型、アルカリ電解水を家庭で作りたいならアルカリイオン整水器を選ぶなどのように使い分けましょう。また同じタイプの商品でも、メーカーごとに豊富な種類があります。

商品ごとの違いを考慮したうえで、購入するものを選ぶことも必要です。