フロアコーティングの施工を業者に依頼する場合、どこに依頼したらよいか迷ってしまうのが普通です。悪質な業者に依頼したり、技術のない粗悪な業者に依頼した場合は、施工したコーティング剤の持ちが悪かったりしてトラブルの原因になります。家に訪ねてきた業者が感じの良い人だと、つい依頼してしまうことがあります。多くの腕の良い職人は一般に人あたりはよくありません。

いつも笑顔で愛想がよく、立て板に水で内容を説明する業者は疑ってかかった方が無難です。フロアコーティングの施工業者を選ぶにはコツがあります。それは、仲介者を通すことです。仲介者には、大手住宅メーカーや不動産会社のメンテ部門が良いでしょう。

これらの部門の担当者はリフォームに精通していて、当然フロアコーティングにもくわしいはずです。仲介者を通すことで、施工業者は変な工事ができなくなります。仲介者を通すとマージン分は価格が上がりますが、必要な経費と割り切りましょう。施工に失敗して工事費全部を無駄にするよりはましです。

また、フロアコーティング剤を製造しているメーカーの推奨する業者に依頼する手もあります。その材料に熟知した業者が施工を行うのですから、失敗するリスクは減ります。ただし、メーカー推奨の業者は数が少ないので、ホームページ等をよく探す必要があります。他にも、知人や友人が施工を依頼したことがある業者を紹介してもらう方法もあります。

実際に施工例を見たり、評判を確認できる利点があります。