洋室のフローリングを保護する目的として行うものに、フロアコーティングというものがあります。一般的にフローリングを保護する方法としては、ワックスが有名で、ツヤを出して光沢感が感じられるようにしたり、塗り直しもしやすい方法となっています。ワックスはコンビニやホームセンターなどで手軽に購入することができますし、費用としても安価な価格で行えるものとなりますが、保護性能としては低いもので水や洗剤によって簡単に溶けてしまうために耐久年数も短いものと言えます。ワックスの耐用年数は2年から3年ほどと考えられますが、フロアコーティングであればコーティング剤によっては20年から30年ほどの耐用年数となるために、新築の住居に最近勧められています。

1度施工を行っておくことで、手間をかけることなく、定期的に塗りなおす必要性もないために、最初にかかる費用だけで長期的にみれば経済的なフローリングを保護する方法となります。新築時にフロアコーティングの施工を行っておくことで、綺麗な状態のフローリングのままで傷がたくさんつくことなく長持ちさせることが可能です。フロアコーティングは傷に強く、安全性の面でも優れていると言えます。コーティングの種類としては、ガラスコーティングやUVコーティング、シリコンコーティングなどがあって、フローリングの状態によってどれが適しているのかも変わってくるために、専門業者に相談して施工を行うことがおすすめです。