債務整理を行うと財産を手放す必要があるのか

債務整理を行えば債務を減額することが出来ますが、財産を手放す必要性も出て来ます。

債務整理の手続き方法によって、手放すか否かは異なってきますので、状況に応じて手続き方法を選択することが必要です。


任意整理では基本的に財産を手放す必要はありません。

もちろん所有している財産を現金化して、債務の返済に充てた方が負担を減少させることが出来ますが、決して強制的に手放す必要はありません。

また対象の債務を自由に選択することが出来ますので、住宅ローンや自動車ローンを除外して手続きを行えば、住宅や自動車も手放す必要はありません。



個人再生は基本的に全ての債務を手続きの対象としますが、住宅資金特別条項と言う特則によって住宅ローンを除外して手続きを行うことが可能です。

債務整理の有益情報を見つけよう。

住宅以外の自動車などの財産についても、基本的に手元に残すことは可能です。ただしその場合は清算価値保証の原則によって、対象の財産の価値以上の金額を返済しなければいけません。

ですので、例えば500万円の債務を個人再生によって100万円まで減額出来たとしても、手元に残したい自動車の価値が150万円の場合は150万円を返済額とします。

自己破産の場合は、99万円を超える現金と20万円を超える価値がある財産は手放す必要があります。
また20万円以下の財産の場合でも、生活に必要ではないと判断された財産については処分される可能性があります。

お客様に相応しいYahoo!知恵袋に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

このように債務整理を行うと債務の減額効果が大きい手続きの方が、財産を手放す必要性も大きくなってしまいます。