メーカーが手がける立体駐車場の種類

category01

立体駐車場は複雑な機構を持っているものが多いため、全国には立体駐車場の製作と販売とを専門的に行っているメーカーがいくつか見られます。

立体駐車場のメーカーの情報を幅広く扱っているサイトです。

こうしたメーカーでは、自社だけで複数の種類の製品を製造していることもあれば、何かひとつの種類に特化して、その種類を専門として製造していることもあります。
立体駐車場として都市部のデパートやオフィスビルなどで多く見かけるのは、垂直循環方式と呼ばれているもので、これはタワーのような外見の建物に自動車を駐車させるスペースを設け、チェーンで上下方向に移動させるものです。場合によっては地下構造を持っていることがあります。


都会の狭小な土地では水平方向のスペースが捻出できないことから、垂直方向のタワーによって駐車台数を確保しています。



いっぽうマンションなどでよく見かける小型の多段方式や二段方式の立体駐車場もあり、こちらも専門に製造するメーカーがあります。



名前のとおり自動車の収容台数としては上下の段をあわせて従来の平面駐車場の倍になるという仕組みで、油圧式で昇降させて自動車の出し入れをします。
操作が簡単なため、専門のオペレーターを雇用せずにマンションの住人が直接操作することが可能で、費用的にも安価なところがメリットです。
普通の垂直循環方式のものとは違い、駐車台数がそれほど増えるわけではありませんが、マンション程度の需要で敷地のスペースがそれなりにある場合には適した方式です。


駐車場の納得の事実

category02

土地を活用する方法に駐車場経営がありますが、さらに一般の駐車場ではなく立体駐車場にすることで土地をより有効活用できるでしょう。駐車場の土地は限られていますが、立体駐車場にすることでより多くの車を駐車させられます。...

subpage

人に言いたい駐車場

category02

立体駐車場はマンションや商業施設に併設されている事が多く、通常の駐車場に比べて迷惑駐車をされる可能性も低いです。通常の駐車場の場合だと誰でも簡単に停める事が出来ますが、立体駐車場は暗証番号式もしくは鍵を使用して車を停めるので、部外者が簡単に停める事ができない仕様になっています。...

subpage

ためになる駐車場

category03

すでに戸建て住宅やオフィスビル、マンションなどが林立している中心市街地では開いている土地を確保するのも大変ですが、土地を取得したとしてもそれを効率的に活用する手段も必要となります。特に駐車場を建設する場合には、こうした狭小地では平面駐車場としたときに確保できる台数が少なくなってしまうため、垂直方向を生かした立体駐車場の方式にすることが不可欠です。...

subpage

駐車場を詳しく知りたいなら

category04

現在では一般の戸建て住宅やマンションでも車両を利用する場合には保管場所の設置が義務付けられているとおり、駐車場は単に個人の生活の利便性を高めるための施設や設備というよりも、むしろ渋滞防止や自然災害時の対策などの公共的な面が強くなってきています。特に土地が少ない都心部のビルや、マンションなどの限られたスペースでも設置が可能な立体駐車場は、その重要性が高いことから、それぞれのメーカーでも厳しい技術基準をクリアした製品を開発して市場に送り出しています。...

subpage